のんびりアーキエイジ

アーキエイジL鯖西でのんびり農民生活しています
新しい記事というより備忘録的側面が強いです

職業紹介その7 地主さん

さてこんばんわ


ちゃんとしたジャンルわけされている職業紹介は前回までで終わりです

ここから先は僕が勝手にカテゴライズしている職業なのかも怪しい紹介です



んでこの紹介を書く前にケダマさんからコメントを頂いているのでそのお返事です


道化師ケダマ 1日前



なんか説明がいろいろ…
賢者の歌は30分間詠唱速度あげるバフスキル


演奏バフとしては4種類ある
攻撃力あげるやつ
防御力あげるやつ
回復するやつ
速度上がる奴


魅惑の歌を使うと、使った敵が魅了の間対応する演奏バフで攻撃力下げたり防御力半減させたりダメージ与えたり減速させたりできる




ロマンさんの歌の詳細説明を頂きました

ものすごいありがたいです



まぁなんですね


「よくわからないけどリスペクトしている」というのが

これでわかってもらえたと思います


ケダマさん詳細説明ありがとうございます





というわけで本題



今回は大地主さんですね


この記事のタイトルが職業紹介となっていますが

大地主さんは職業ではありません


大地主さんは特定のエリアの特定の住居エリアに莫大な土地を持っている人の事です


んで土地を持っていると何が起きるかと言うと

税金の支払いが待っています


2物件までは普通の税金ですが

3物件から重税がかかり

物件数が増える度に重税の比率があがり

4物件以降はわけのわからない量の税金がかかります


それだけの税金がかかってどうやって収益を上げているのか


これは大地主さんの生活スタイルによってかわってくるので

これで収益を上げているというのはわかりません


それに税金がお金から税書に変わったから

収益あげても税金の支払いには役に立たないんですよね



じゃぁ大地主さんって何やってるの?って話なんですけど



例えば物件を公開して自由に使えるようにしています


僕であれば装備ハウスと錬金ハウスと憩いを全体開放しています

あ、ちなみに僕は地主レベルではあると思うけど

大地主レベルではないですよ



どちらかといえばもう一個の方が重要な感じがするんですけど


その莫大な土地を利用してインテリアを行い観光地になってます

鳥小屋とか動物小屋と庭を組み合わせてみたり

伐採出来る木と庭を組み合わせてみたり

箱とか骨とかで幾何学的に庭を作ってみたり

その種類は多岐にわたります

これ何か利益になるの?ってなりますが

建設的な物がない場合は何一つ利益になりません


さらに庭を管理するのに労働力が必要だったりもします


例えばなんも採集出来なくて伐採するしかない木を植えている場合

インテリアの一部として存在しているので伐採するとなくなります

なので剪定をしないといけません


剪定は労働力を消費するだけで何も手に入りません


ただ単に木が枯れないようにするだけです



そんな感じで普通にゲームしている場合は減らない労働力の消費をしています



莫大な土地を利用してそのセンスを利用して素敵なインテリアを完成させる

見る物を和ませてくれるのが大地主さんのお仕事です



あぁそういや意表をつくっていうのもあるな



噂で聞いただけで目撃してはいないんですけど

ある人があるエリアに莫大な土地を持っているそうです

そこは別になにも植えておらず空白だったらしいのですが

ある日いきなりその莫大な土地に隙間なく強化石火鉢が置かれていたそうです


個数は聞いてないですけど莫大な土地なんだから3桁はいくんでしょうねぇ


そんな景色を見たら間違いなく意表を突かれると思うんですよ




貿易マニアだった頃の僕で畑8枚で生産してひたすら貿易してたから

そんだけあれば多分大体足りると思うので

大地主さんは趣味でしょうね


沢山土地管理するのは正直めんどくさいですもん

その管理をした上で見る者を楽しませてくれるのだから

大地主さんは大変だと思います


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。