のんびりアーキエイジ

アーキエイジL鯖西でのんびり農民生活しています
新しい記事というより備忘録的側面が強いです

アーキエイジについて考えてみよう その5 労働力と熟練度

こんにちは


今回は労働力と熟練度について考えていきたいと思います



まず労働力ですが何かの作業をする時に

大体の場合に於いて消費します


敵を倒すとか木を植えるとかは労働力がかからないのですが

敵を倒した後の落とした財布を開けるとか

木を伐採する場合は労働力がかかります


そして労働力は時間によって回復します


無課金の場合は

ログインしている場合のみ5分で5回復します

課金の場合は

ログインしていない時は5分で5回復します

ログインしている場合は5分で10回復します


さらにベットで睡眠すると一定数量回復しますが

睡眠が出来るのは現実時間で23時間?22時間?に一回です

一日一回の睡眠が出来るといった感じです




これが人によっては悪評だったりするのですが

僕は良く出来たシステムだと思います



正直いくらでもなんでも出来たら何も面白く無いじゃんと思います


ですがアーキエイジはなんでも出来ちゃうので

いくらでもを制約するしかないと思います


なので労働力というシステムができているんだろうなと思っています


この制約の中で人によっては効率的に

人によっては趣味の為に労働力を使うわけです




そしてサービスのような概念なのが熟練度というシステムです


ある作業を連続してやっていると

消費する労働力が減り経験値が多くもらえるようになるという物です



熟練度を上げることを目的とした場合には

熟練度のレベルが上がるたびに取得出来る点数が減るクソゲーに思えるのですが


実際には労働力に対する恩恵だと思うので

上記の発想はおそらく逆になると思います



これら2つの概念というかシステムを上手いこと使って

生活系コンテンツを楽しむ事になります


なので戦闘の後にこの項目になりました



まぁなんていうかややこしいけど楽しいですよw

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。