のんびりアーキエイジ

アーキエイジL鯖西でのんびり農民生活しています
新しい記事というより備忘録的側面が強いです

集団戦について考えてみよう

さてこんにちは


今回は集団戦について考えてみたいと思うんですけど

基本的に指揮に沿って動くです

なのでこの部分については何も考える事はないです


いやこう書くとおかしいな

自分が指揮しない場合は考える事ないです


どっちかっていうと

指揮を覚えておいて

今後指揮する事があった時の為に役に立てよう

ってくらいだと思います


んじゃ何を考えるかというと


強くて敵を倒せる人はそれについて自分で考えてもらいたいんですけど

僕のように対人戦だと話にならないくらい弱い人は

一体どうやって集団戦で役に立つかです


まず集団戦は対人戦なので

対人戦で負けた時のデメリットを考えましょう


1.名誉ポイントが減る

2.装備の耐久度が減る


1.については

敵を倒せない人は減るもんです

気にしたら負けです

正直昼デイリーと夜デイリーに参加してたら稼げますし

使い道があるのかないのかよくわかんないもんなので

あんまり気にしないでいいと思います


2.については

耐久度が減ったら装備が壊れてなくなってしまうと思ってたのですが

なくならなかったので気にしないでいいと思います

装備の効果がなくなっちゃうのが痛いですけど

集団戦で装備の耐久度が無くなるまで死ぬのは

それはそれで大変なのでまずならないと思います


とまぁこんな感じでデメリットはあるっちゃあるんですけど

正直どうでもいいデメリットなので

たまには戦争参加してみようかなぁって

気が向いたときに参加するのもありだと思います



次に集団戦の目的です



集団戦の目的はある特定の目標に向けて

集団で行動する時をいいます


例えばゴールド戦争だったらクリスタルの破壊

赤露だったらタワーを壊してポイントを取るとか

それぞれによって変わってきます


基本的に集団による対人戦が起きます

たまに起きない事もありますけど

その時はラッキーな感じです


というわけで


集団戦の目的は個人としての勝利よりも

集団としての勝利が優先されます


で問題です


個人として火力不足で敵を倒せない人は役に立たないのじゃないか

なので自分は役に立てないから参加しない方がいいんじゃないだろうか


この考えもありなんですけど


考え方によっては火力なくても問題ないです

っていうか僕みたいな中途半端な火力だとないのと一緒です


んじゃどうやって役に立つのか


1.愛の人になる

2.ロマンの人になる

3.幻術の人になる

4.死の人になる

5.鉄壁の人になる

6.使命の人になる


とりあえず思いつくのはこんな感じですかね


1.については

集団戦では火力も大事ですけど回復も非常に重要です

さらに戦場ではよく死ぬので復活してもらえると助かります

だけど愛の人でレベルや装備がいい人は回復量が高いし

回復するまでの反応が尋常じゃないレベルで早いです

なのでそのサポートとかリザレクションとかをメインで行けば

役に立てるんじゃないかなと思います


2.については

ロマンがメインのすごい上手な人が

英雄や大地の曲を奏でてくれているので

魅惑の歌、不協和音なんかで相手の攻撃速度を遅くするとか

そういう邪魔を行えば役に立てるんじゃないかなと思います


3.については

やりたい放題ですw

もうなんていうかお邪魔スキル山盛りですw

好きに取りまくって邪魔しまくってくださいw


4.については

まだ検証中なので何とも言えないんですけど

事前にラストスタンドを発動しておいて

攻撃してきた人道連れにするとか

とりあえず突っ込んで来た人の近くで

ヘルペイン→カラス→サイレントとか楽しそうです


5.については

自分が弱くて狙われる事を逆手にとって

自軍最前線もしくは敵陣最前線で

インビジブルを使って集中砲火を受けるとかですかね

ちなみにインビジブルは何やっても壊せませんでした


6.については

ハイドによる斥候がメインになります

そりゃね

強い人だとハイドから強襲して一人ずつ屠るとか出来ますけど

僕レベルだと全く無理なので斥候がせいぜいです

でもそれだけじゃ終わらなくて

集団同士がぶつかっててしかも敵陣よりで

あぁもうこれ逃げらんねぇなって時に

死ぬ前のいやがらせとしてスローイングナイフすると最高に面白いです

効果はもの凄くいいんですけど射程がめっちゃ短いので

発動出来る場面が限られちゃうのが難点ですね


というわけでここまで火力としてはほぼ全く役に立ってないわけなんですが

これで役に立ってないかというとそうでもないんですよ


これらの事が何を意味しているかと言うと

自分が囮もしくは邪魔する事によって

他の人が快適に動ける場面を作る事です


例えば

自分だったら10秒間で最大1500のダメージを与えられるとします

高火力の人だったら10秒間で最大7000のダメージを与えられるとします

どっちの火力で攻撃したほうが集団として美味しいかって話なんですよね


んでもって

自分の10秒間を攻撃ではなく邪魔に費やす事によって

相手の高火力の人を10秒間拘束する事が出来れば

集団としては攻撃が7000で防御が7000されなかったになるので

14000の差が生まれます


なので


火力が低い=役に立たない

ではなくて

火力が低いなら低いなりの役に立ち方があるということになります


ここに書いた事は全部一例ですし

場合によっては役に立たないかもしれませんが

役に立たないし死んじゃってつまんないだともったいないので

いかに役に立って邪魔するかを楽しむ方が面白いと思います


強制は一切しませんが一度試してみるといいと思います

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。